若園精機の金型補修・メンテナンスでは、長年培ってきた経験とノウハウにより、高品質・短納期をお約束

金型の補修・メンテナンス

3DスキャナのFAROの販売について
サービス紹介 採用情報
こんな案件は、当社にお任せください。

若園精機の金型補修・メンテナンスが選ばれるポイント

Repair and Maintenance of mold

問題の箇所だけではなく全体を確認し
将来発生するリスクも考慮します

問題の箇所だけではなく全体を確認し将来発生するリスクも考慮します

若園精機では、非接触型の3次元測定器「FARO」を用いて、金型の状態を±0.0024mmの精度のカラーマップで表示し、人の目では判定できない摩耗・変形・劣化などの異常箇所を的確に判断できるので、ご依頼された箇所の補修はもちろん、金型全体のコンディションを正確に把握することで、今後予想されるリスク(不具合)についてもご提案・補修をすることが可能です。

カラーマップで表示することで金型の状態を正確に把握することで、異常箇所が一目で判断できます。

作業工程をポイント毎に画像で記録し、
修復工程をご確認いただけます

作業工程をポイント毎に画像で記録し、修復工程をご確認いただけます

加工前(引取時)-加工中-加工後(出荷時)の各工程毎に画像記録をし、細かく品質管理を行い、トレーサビリティできるようにしております。画像記録は補修履歴として使用できると同時に、後の金型形状変化の比較資料としてもご使用いただけます。

短納期物件の工程織込を素早く実行できます

短納期物件の工程織込を素早く実行できます

当社では、デジタル工程である「Dr工程」と「手書工程」と併用しています。短納期型受注の際は、2ヶ分の予定がひとめでわかるホワイトボード2枚に書く「ホワイトボード工程」を使用しています。職長以上が即座に会議ができるように大型モニター前に緊急召集され、各工程を手書ですばやくその場で記入し、調整を行います。
この即応体制と意思統一の早さが、短納期対応を可能にします。
また、営業担当がお客様打合せと同時に金型を直接引取れる事も、物流時間の短縮につながっています。

短納期物件の工程織込を素早く実行できます