金型補修・メンテナンスをはじめとした金属の切削加工が得意な若園精機の強みをご紹介

若園精機の強み

3DスキャナのFAROの販売について
サービス紹介 採用情報

年間1,405の切削部品を製造します

1,126の切削加工部品の内訳は
全体の46.3%(521)が新品の金型部品の製造、
39.7%(447)が金型の補修・メンテナンス。
4.2%(47)が形状が複雑な試作品の
製造を行っています。

形状が複雑な試作品

製作部品件数(2011〜2015年)

2011年 2012年 2013年 2014年 2015年
金型補修・メンテナンス 115 159 177 204 447
検査・測定 59 163 140 42 8
新品の金型製造 454 491 687 737 521
形状が複雑な試作品 0 8 21 106 47
その他の珍しい加工 66 297 154 316 103
合計 694 1,118 1,179 1,405 1,126

このような加工実績があります

サック化、放電加工、細穴加工、入子穴加工、1次加工(タップと穴加工)、6F加工、ガンドリル加工、大荒加工、焼入前加工、鋳ぬき穴加工、冷却穴加工、押出ピン穴加工、TIG溶接対応、溶接肉盛り加工対応、レーザー溶接対応、ミガキ加工、キャビコア部品加工、固定型可動型本体加工、入子加工、スライド加工、WJ入子加工、中子加工

私たちのお客様

お客様の内訳は95%が4輪車のお客様。
2%が2輪車のお客様。
その他のお客様としては数は少ないですが、
航空産業のお客様、住宅資材のお客様、
釣り具メーカーのお客様等がいらっしゃいます。

得意とする作業は切削作業

最も多く削るのはSKD61という鉄の固まり。
その次に多いのがアルミ合金、その他に鋳物やZAS等
お客様から依頼のある全ての材料を
削ることができます。
少ないですが、チタン合金、SUS等の
加工実績もあります。

得意とする製品の大きさ

得意とする製品の大きさは、横500mm、奥行き300〜400mm、高さ300mmの製品です。
その他に、横800mm、奥行き800mm、高さ400mmと
大きなサイズの製品も得意としています。
ダイカスト金型の場合、2,000トンサイズが最も得意とする領域です。

特殊な形状が得意です

岐阜県に1台しかないドイツ製ハームレの5軸加工機。
日本全国でも4台しかないドイツ製DMG MORIの5軸加工機。
サイズの異なる5軸加工機があるので特殊な形状の切削もスピード対応ができます。
例えば、50kgのアルミの固まりが最終的に2kgの製品になるような製品を
切削加工で作り上げます。

徹底して温度管理された測定室で検査

お客様からの高いご要望にお応えするために
検査体制の管理を徹底しています。
工場内は25℃を一定に保ち、
ミクロ単位の精度を追求するために、
品質検査を行う測定室は、室温を23℃に保って、
材料、測定器具の熱膨張による影響を少なくするよう
室内環境の管理を徹底しています。

高い品質チェック体制

接触式3次元測定器はもちろん、前述した3次元スキャナで非接触式のデータ測定も行います。
金型の修理・メンテナンスの場合、各工程ごとに全て写真におさめ、
作業工程も全ていつでも確認いただけます。

削ることに特化した設備投資を行っています

5軸加工機が2台の他に
日本製の3軸加工機はもちろん、
より早く・正確に削るための
CAM等のソフトウェアへの投資、
削るための工具への投資を行う事により、
複雑な形状も早く・正確に測ることができます。

3次元スキャナーでデータの作成も行います

冒頭でお伝えした1,126部品のうち約100部品はCADデータや図面データ等がない状態です。
モデルデータや図面がない部品、成形不良の原因が掴めない金型等は、3次元スキャナーで測り
データ化する事ができます。もちろんまったく同じものを作る事も可能です。

預かった物の測定を行い正しい形状に加工します