金型の補修・メンテナンスから金型製作、研究段階車両やレース車両の試作品、量産前製品の試作など、鉄を削る作業は全ておまかせください

新着情報

3DスキャナのFAROの販売について
サービス紹介 採用情報

「世界で最も影響力のある」と謳うイギリス発のデザインウェブマガジンDezeenに掲載いただきました。

NEWS

イタリアミラノで開催されたミラノサローネ2018。

SUPERSTUDIOを1つ丸々貸切、nendo個展「nendo : forms of movement」が開催されました。

日本のメーカーの繊細な素材や緻密な加工技術によって生まれる「ものの動き」をカタチにした全10作品の中には弊社で製作した『four layer vase』が含まれております。

『four layer vase』とは見る角度で絵柄が変化する花器です。この花器を現地で見て頂いたMarcus Fairs氏より連絡が入り今回単独の取材の末、世界的に有名で影響力のあるウェブマガジン『Dezeen』に掲載いただきました。

Dezeenは「世界で最も影響力のある」と謳うイギリス発の建築・インテリア・デザインウェブマガジンです。

以下のサイトから見る事ができます。

Nendo carves “four-layered” vase from a single 100-kilo block of aluminium

Marcus FairsはDezeenの創設者および編集長です。彼はイギリスの建築家王立協会の名誉フェローシップを受賞した最初のデジタルジャーナリストです。彼が獲得し​​た他の賞賛には、今年のジャーナリストと今年のビジネスエディタが含まれます。「建築にもたらした巨大な貢献」の名誉は、2017年1月に授与されます。

3Dデザインの卒業生であるMarcusは、アーキテクチャー・タイトル「ビルディング・デザイン」のためのジャーナリズムのキャリア・ライティングを開始し、その後ビルディングのために副編集長に就任しました。また、Blueprint、The Guardian、The Independent on Sunday、Conde Nast Travelerなどの出版物を手に入れました。

彼は2003年にアイコン、国際建築とデザイン誌を立ち上げ、2006年11月まで出版を編集しました。マーカスのもとでは、この雑誌は世界で最も影響力があり尊敬されるデザインジャーナルの1つとして急速に定着し、 2003年の年とデザイナー、2005年と2006年の月刊誌で構成されています。

マークス自身は、ジャーナリスト・オブ・ザ・イヤー(2002年)とアーキテクチャー・ジャーナリスト・オブ・ザ・イヤー(2004年)を含むIcon賞を数多く受賞しました。2005年、BSME(Best Brand-Building Initiative)賞を受賞しました。

マーカスはラジオやテレビに定期的に出演し、2003年にBBCのフランス人デザイナー、フィリップ・スタルク(Philippe Starck)のドキュメンタリーを発表し、ドキュメンタリーを発表し、2006年にBBCシリーズの主要家に出演しました。ヨーク、ストックホルム、ケープタウンなどがあります。

Marcusは2006年11月末にDezeenを立ち上げて以来、このサイトは急速に成長し、毎月200万人以上のユニークビジターを集めています。世界で最も影響力のあるデザインウェブサイトとして広く知られています。

2007年、彼はRupinder Bhogalに加わり、共同ディレクターを務めるDezeen Limitedを共同設立しました。彼らは2008年に採用サイトDezeen Jobsを立ち上げ、続いてDezeen Watch Store2010年に

Dezeenの創設者兼編集長として、Marcusは2013年にBSMEのBusiness Web Editor of the Yearを含む賞を受賞しました。同年英国の創造産業界で最も影響力のある100人の人物の 1人に選ばれました。病院・クラブ。2011年、フランスの雑誌「Architectural Digest」は、彼を世界的なデザインにおける最も重要な人物の100人目のリストに入れました。

Marcusによって書かれた本は、21世紀のデザイン(元々は2006年10月に出版され、現在は第3版に出版されている)、Green Design(2009年3月発行)、Dezeen Ideas Book(2001年9月発行、今は売り切れ)、Dezeen Book of Interviews(2013年5月公開)。

マーカスはロンドンに住み、ロンドンで働いています。

GQ JAPANに掲載いただきました。

NEWS

GQ JAPANで今回ミラノサローネ2018で公開されました『four layer vase』見る角度で絵柄が変化する金属製の花器が紹介されました。

GQJAPANでの掲載記事はこちら。

nendo様、GQ JAPAN様ありがとうございます。

 

GQJAPAN

GQJAPAN

日本語版「見る角度で絵柄が変化する 花器」をミラノサローネ2018のnendo個展で紹介されました。

NEWS

高い切削加工技術によって2種類の絵柄が重ね合わされた花器。
まずは幅1.8mmで深さが5mmの溝が一定の間隔で掘られ、その後、凸部に幅1.0mm、深さ2mmの柄が、さらに凹部にも幅1.8mm、深さ6mmの別の絵柄が削り出された。

このように、深さが異なる4つの層によって、真正面から見た場合と、目線を上下にずらして見た場合とでは絵柄が異なるという、単一素材でありながら2つの像を内包する花器が生まれた。

溝が深すぎると影が濃くなり過ぎて柄が見えなくなり、逆に浅いと柄が薄くなりすぎたり、2つの柄が同時に見えてしまうため、4つの層の幅と溝の深さの検証は繰り返し行われた。

製作には5軸切削加工機が使用されたが、溝の幅は最も狭い場所で1.8mm、端部の厚みは1mmと非常に薄いため、刃先のわずかなブレや、削りカスの目詰まりによって簡単に溝が欠けてしまう。

また、切削速度を上げすぎると接触部の温度が上昇し、金属の歪みを引き起こす。そのため、細かい箇所だと1mm径のドリルを使って0.5mmずつ時間をかけながら彫り込むなど、作業時間と切り込みの深さは細かく調節された。

はじめは約100kgあったアルミの塊に切削加工を施していき、 約7カ月後に最終的に仕上がった花器は15kgであった。

Produce by nendo

four layer vase

four layer vase

four layer vase

four layer vase

four layer vase

four layer vase

four layer vase

four layer vase

four layer vase

four layer vase

four layer vase

four layer vase

four layer vase

four layer vase

four layer vase

four layer vase

four layer vase

four layer vase

four layer vase

four layer vase

four layer vase

four layer vase

four layer vase

four layer vase

four layer vase

four layer vase

four layer vase

four layer vase

four layer vase

four layer vase

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

世界的デザイナー佐藤オオキ(nendo)共同作品「fourlayer_vase」公開

NEWS

for Wakazono

A vase with two different overlapping patterns created using fine milling technology.

Firstly, grooves of 5mm deep, 1.8mm width were carved in constant intervals on the vase’s exterior, resulting in two different levels on the surface. The first pattern was then carved 2mm deep from the external surface, while the second pattern was carved 6mm deep from the deeper immersed surface.

This calculated process results in the creation of a four-layer surface with different depths, allowing the patterns to appear visually according to the angle in which the vase is viewed. The dimensions and proportions of this process were carefully examined and tested due to the effects of deviations; if the initial grooves are too deep, the dark casted shadows will visually block the pattern, conversely if it is too shallow, the two patterns will blend together without a distinct separation.

By using multi axis machinery, some grooves were carved to 1.8mm in width, and only 1mm thickness at the edge. These narrow dimensions cause complications, as the grooves can easily break due to clogging of scraping material. Furthermore, if the cutting speed is too high, the temperature of the cutter rises, and can cause metal distortions. Accordingly, the production’s duration and dimensions were carefully adjusted, and milling was done gradually in 0.5 mm deep layers.
This delicate process originated from a 100kg block of aluminum, that after 7 months, resulted in a 15kg vase.

2019年(平成31年)3月卒業見込者 新卒採用情報を掲載いたします。

NEWS

2019年(平成31年)3月卒業見込者 新卒採用情報を掲載いたします。

 

会社概要

若園精機は、車などに使われる精密アルミ部品の鋳造(ダイカスト)用金型部品や、試作車両やレース車両、航空機向けにアルミ材から全て削り出して作り上げられる精密アルミ部品を製作している会社です。

 

会社の特徴

3Sが徹底され安全で環境が良い会社です。創業より55年の歴史あるものづくり技術に加え、最新の5軸加工機を使ったハイテク技術が特徴。岐阜県ワークライフバランス推進企業に選ばれました。

 

求人条件特記事項

労働条件

大型連休以外は、第2土曜日(掃除と会議の日)以外の土日が休日となります

年間106日ですが有給休暇が取得しやすい環境を整えています

(岐阜県ワークライフバランス推進企業に認定されました)

モデル年収(例)

年収322万円 29歳機械オペレーター経験3年

年収483万円 32歳機械オペレーター経験5年

 

求める人材

一緒に会社を盛り上げ、事業拡大したい思いを持つ意欲のある方を採用予定です。

例えば「昔からプラモデル作りが好きだ!」という方は、1つのものを最後まで作り上げる実力があります。

このようにものづくりが好きな方はきっとすぐに職場に馴染んでご活躍頂けます。

そんな先輩のインタビューがWEBで公開中です。

人材に関する詳しい情報はこちらの募集要項をごらんください。

 

元気で明るくものづくりが好きな方なら未経験でもOKです。

まずは補佐的な業務から初めていただき、少しずつ1人で加工ができるように教育いたします。
ぜひ1度採用情報をご覧ください。

若園精機が求める人材コーナー

若園精機の仕事風景コーナー

エントリーフォーム

先輩インタビューなど紹介してます!!!

 

 

エントリーはお電話、会社HP内のエントリーフォームまたは、以下のアドレスまで御連絡下さい。
随時工業見学会を行っております。まずは自分の働く会社の環境を見てみてはいかがですか?

担当:専務 若園拓馬 0584-33-2230 t_wakazono@wakazono.jp までご連絡ください。

 

若園精機の社員募集

 

1 / 612345...最後 »