若園精機の会社概要、沿革、アクセスなどをご紹介

会社案内

3DスキャナのFAROの販売について
サービス紹介 採用情報
会社案内

会社概要

社名 若園精機株式会社
代表者 代表取締役 若園明人
設立 1963年(昭和38年)
社員数 16人
実習生 3人
資本金 1,500万円
事業内容 ・各種自動車部品向けダイカスト金型製作
・各種自動車向け試作部品製作
・精密機械、精密部品、コンピュータソフトウェアの販売及び仲介
所在地 〒503-1301 岐阜県養老郡養老町室原字小栗栖450 GoogleMAPへ
TEL/FAX TEL 0584-33-2230
FAX 0584-33-2231
E-MAIL info@wakazono.jp
取引金融機関 大垣信用金庫、第3銀行、日本政策金融公庫

沿革

1963年
(昭和38年)
12月 ・岐阜県大垣市に「若園精機」発足
1974年
(昭和49年)
4月 ・同地に工場新設
・各種金型向け「部品」加工を開始
1984年
(昭和59年)
4月 ・岐阜県大垣市に工場移設
・各種金型向け「キャビコア本体」部品製作を開始
1991年
(平成3年)
11月 ・若園精機株式会社設立
1996年
(平成8年)
4月 ・3D CAD CAMシステムでの運営スタート
・日本ユニシスCADCEUS導入
1997年
(平成9年)
4月 ・工場の増設
・オンラインによるオールNC加工の開始(DNC)
1997年
(平成9年)
8月 ・マキノGF8導入
2001年
(平成13年)
8月 ・マキノV55導入
2003年
(平成15年)
3月 ・岐阜県養老郡養老町に新工場設立(現本社工場)
2004年
(平成16年)
3月 ・新工場増設(現本社工場)
2004年
(平成16年)
10月 ・マキノGF12/20導入
2005年
(平成17年)
4月 ・マキノV77導入
2006年
(平成18年)
3月 ・マキノV77L、MCC2013導入
12月 ・OKK_VM7Ⅲ_1台目導入
2007年
(平成19年)
3月 ・全ての本社機能を新工場(現工場)に移設後、旧工場閉鎖
9月 ・OKK_VM7Ⅲ_2台目増設
2009年
(平成21年)
9月 ・「平成21年度ものづくり中小企業製品開発等支援補助金」採択
・「21年度財団法人岐阜県産業経済振興センター中小企業経営改革支援事業費助成金」採択
・ドイツ製5軸加工機HERMLE(ハームレ)C40U導入
・5軸干渉シミュレーションソフト「CAM_PLATE」導入
・ダイカスト金型切削向けCAMシステム「CAM-TOOL」2台導入
・岐阜大学とのダイカスト金型共同研究試作開発スタート
・ダイカスト金型製作を本格化(2000トンクラス)
2011年
(平成23年)
12月 ・EuroMold2011展示会視察ツアーに参加
2012年
(平成24年)
5月 ・公益財団法人 名古屋産業振興公社テクノプラザナゴヤ様一同工場見学ツアー開催
6月 ・韓国電極(グラファイト)加工メーカーとの業務提携
・型技術者会議2012特別セッションで「ソフトウェアの活用と情報発信」について
   講演実施
11月 ・JIMTOF2012にアルミ総削り出し自動車部品を出展(C&Gブース内)
2013年
(平成25年)
2月 ・ぎふ・あいち・みえ新技術新工法展示商談会in日産自動車に出展企業として参加
4月 ・インターモールド2013展示会へ出展(型技術協会)
6月 ・「平成24年度ものづくり中小企業・小規模事業者試作開発等支援補助金」採択
・レーザースキャナー(非接触3次元測定機)FARO(ファロー)エッジ9ft導入
・GeomagicControl(非接触測定ソフト)、
   GeomagicDesignX(リバースエンジニアリングソフト)導入
・鋳造金型の修理、メンテナンス前と加工後の金型状態をカラーで表現することに成功
・また形状測定後ポリゴンモデルからソリッドモデリングを行うリバースエンジニアリング
 業務開始
・同時5軸加工向けCAMシステム「HyperMILL」導入
7月 ・「25年度公益財団法人岐阜県産業経済振興センタ新ビジネス展開応援事業費助成金」採択
・ASET2013航空中展示会へ参加
・HERMLE(ハームレ)C40Uで加工できるフルサイズ(Φ700)インペラを製作展示。
・5軸加工機向けラング社(ドイツ製)クランピングシステムを導入
 (ワンチャッキング化開始)
12月 ・EuroMold2013展示会視察ツアーに参加
2014年
(平成26年)
8月 ・ベトナム人実習生1期生2名雇用
・海外事業展開事業スタート
12月 ・「平成25年度中小企業・小規模事業者ものづくり・商業・サービス革新事業に
 係る補助金」採択
・次世代燃料自動車向け薄肉セパレータ加工の成功
・ダイカスト金型切削向けCAMシステム「CAM-TOOL」1台増設
・5軸加工向けCADシステム「HyperMILL CAD-DT」増設
・ManufacturingIndonesia2014展示会視察ツアーに参加
2015年
(平成27年)
9月 ・DMGMORI_DMU105monoBLOCK5軸MC導入
・回転テーブルΦ1,250mm×高さ690mm×2,000kgのワークまで搭載可能
・ ベトナム人実習生2期生1名雇用
10月 ・EMO Milano2015展示会視察ツアーに参加
・東京エアロスペースシンポジウム2015に岐阜県代表として出展
11月 ・資本金1500万円に増資

アクセス

GoogleMAPを開く