金型補修・メンテナンスをはじめとした金属の切削加工の短納期にも柔軟に対応可能です

お悩み別事例1

3DスキャナのFAROの販売について
サービス紹介 採用情報

大型連休前に壊れた金型を連休中に補修して連休あけに無事スタート

ご依頼いただいた時点の状態

  • 現在量産されている車両の○○パーツ取り金型にクラックが入り、
    鋳造に支障をきたす不具合が発生。

    暫定的に処理を行ったがいつ使用不可に陥るかわからず
    抜本的な修理が必要。

    生産量調整期で、なんとか鋳造品ストックをまじえ対応しているが、
    連休明けの通常操業に金型が耐えられない。

    クラックが入ったけどなす術がない!!
  • 取り急ぎ、協力型メーカーに問合わせたが、
    「予定外の修理は受け付けない」との回答。

    次のメーカーは「ボリュームが大きすぎて、対応は無理」との回答。
    とても社内型保全では連休対応は難しく、打つ手がなかった。

    メーカーに問い合わせると…
arrow

私たちのアプローチ

  • ご連絡いただいたら、即座に管理職クラスの社員が
    ホワイトボードの前に集合し、お客様から送られてきた資料、
    修理指示書を確認しながら、
    納期に間に合うよう柔軟に工程を変更し、
    各スタッフに素早く工程振分けを実施。

    連絡からすぐに工程の話し合い
  • すぐさま営業が型を引取り、事前情報の差異を確認。
    帰社後、手作業でクラック除去は時間浪費と判断。
    NC加工機の高速加工で一気にクラック除去
    熟練溶接工の早さと相まって、工程内にうまく載せることができた。
    金型補修の何たるかを熟知しているおかげで、「即断即決」が出ぎ全工程を通して迷いによるロスタイムは発生しなかった。
    全工程が終了し、金型は見違えるほど美しくなり、
    出荷の時を待った。

    機械の修理方法の解明からスピード解決
arrow その成果・結果

その他事例